*In The Real
行きて愛せ、この地球上に何一つ助けるものがなくても
Go love without the help of any Thing on Earth

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
それでもまだ、此処にいること。                 
最近のわたしのはなし。
今年度になってからずっと体調を崩しがちで。
夏ごろ大学病院にかかって、結局、頸椎性のめまいと混合型頭痛の診断となりました。
気長に付き合っていくしかない病気たち。

その直後に他部署に異動になって。
仕事の内容と量についていけず、心身のバランスを壊して、初めて精神科にかかりました。
といっても、簡単に病名をもらえて休職というわけにはいかず。
「慣れるしかないですね」で安定剤を出してもらって経過観察。
とりあえず落ち着いてきたということで、つい先日薬と通院をやめたところです。

今年ほど、本気で仕事をやめることを考えたことってないような気がする。
「大したことない」病気でも、毎日ちゃんと職場に行って、定時まで仕事するのって楽じゃない。
そのうえ、残業や休日出勤までして、期限までにちゃんと仕事をこなすのって、相当きつい。
休日もゆっくり休めなくて、半分以上寝込んでいる状態。
「大丈夫?」ってみんなに心配されても困るだけ。

私には養うべき家族なんていないし。恋人もいないし。親は勝手に楽しく生きてるし。
自分を壊してまでがんばる意味がまったくわからなくなって。
もう全部投げ出してもいいんじゃないかって思った。

「天国はまだ遠く」と「スウィート・ヒアアフター」を繰り返し見て。
一人で泣きわめいたり、かと思えば立ち直って出歩いたり料理をしたり。
とりあえずなんとか生き延びてみたけれど。
正直、今も何のために明日があるのかさえ、よくはわからないのです。

朝が来るのは怖いし、視界はいつ欠けるかわからないし、頭痛めまいはついてまわるし。
上手く理由も説明できないまま、仕事は頻繁に休むしかないし。
社会人失格でも、簡単にはクビにならないことに感謝して、やれるとこまでやるしかないのかな、という感じ。

叶うなら、フツウに生きてみたい。
それが無理なら、明日が少しでもマシでありますように。
誰にも理解されなくても、いつだって闘っているのです。
希望の見えない世界の中で、不完全なまま生きながらえている自分自身と。
: life : comments(2) : - : posted by hiwa :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








 京都女一人旅時代からの読者ですが、あの頃もそうだったのでしょうか?

 明日を考えて不安に思えても、過去を振り返って元気になることもありますよ。コメントに残すくらいしかできませんが、心の奥行きの深さにいつも感銘させられていました。

 素敵な人だなぁと。そう思っている人はたくさんいるのではないでしょうか。
posted by karamatsu3 : 2012/11/25 9:07 AM :
>karamatsu3さん
優しいコメントどうもありがとうございます。

ブログを拝見させていただき、いきなりで大変申し訳ありませんが、「seikoさん」のお名前でリンクを貼っていただいているのは、お人違いでしょうか?
そして、私のリアルの知り合いでないとすると、不思議なご縁を感じさせられました。

京都女一人旅時代からブログをご覧いただいているということで、本当にありがとうございます。
心身ともに不安定なのは、学生時代からずっとですが、その中で一人旅はここ数年の趣味となっています。
近日中に2箇所、出掛ける予定を立てているところです。

綺麗なものに触れることも、今いる場所で頑張ることも、そして身近なものに感動することも、きっと大切なんだと思っています。
こんな書き殴りのようなブログでも、読んで下さる方がいる奇跡にも、いつも感謝させられます。
気まぐれ更新ですが、良ければこれからもお立ち寄りいただけましたら幸いです。
posted by hiwa : 2012/11/25 10:25 AM :
<< NEW : TOP : OLD>>